あまあまぽたぽた

あまあま星人のぽたぽた生活

ミュージアム

挿絵本の世界 きれい、カワイイ、怖い

町田市立国際版画美術館タイトルのように3つのテーマに沿った展示で、 私は、ゲーテのファウストや、ダンテの地獄篇などの 「こわい」テーマが気に入った。たまたま、ギャラリートークの開始に間に合い、 なかなか興味深く面白い時間が過ごせた。

キューバン・グラフィズム&ジョセフ・アルバース展

多摩美術大学美術館。旅行中に街宣車を見かけたかのように、 心に感じ入るものが無かったのは、 たまたま、そういう精神状態だったからか。主義主張やその実現の過程など、相容れない部分が多々ある訳だが、 「そのパワーだけは評価すべきだ」と思うので、 …